2010年9月17日金曜日

フナ対談「モチベーションをあげる方法」

マータイさん、という人がいます。

「モッタイナーイ」とステージから叫ぶシーンを
TVとかで見られた人もいるかと思います。

彼女は、「モッタイナイ」という
言葉の素晴らしさを知りました。

日本語にしかない、概念。

モッタイナイという言葉は今や世界共通語になっています。

なぜ彼女がその言葉に興味を持ったのか?を考えてみました。

マータイ、まあたい、まったい、、、

無い?


まったいない。


それが「モッタイナイ」に到達したと推測します。
(ホンマかよ)


つまり、彼女は、生まれ持った自分の名前から、、、

偶然「モッタイナイ」という日本語に興味を持ち、
それを世界に広めて、世界を救おうとする人間の
一人になった(かも)ということです。


・・・


次は、メキシコ人のメンドーサさんによる、

「メンドクサーイ」

が流行るのではないかと、秘かに期待しています。


・・・


面倒くさい。

やる気にならない。

メンドクサーイ。

人間は、ときに何もしたくない、
やる気がしない、そんな時があるものです。

こういうとき、人は、、、

「モチベーションを上げなければ」

と思うようです。


・・・


フナから、相談を受けました。

「モチベーションを上げる方法」を知りたいそうです。

ちまたの本などでは、モチベーションを上げる方法などが
よく出ていると思います。

私は、少し意見が違います。

自分のモチベーションを考えること自体が、
マスターベーションだと私は思っています。

モチベーションを上げる?そんなの、めんどくさーい。

正しいかどうかは知りません。
まずは私の意見を聞いてみてください。

モチベーションはマスターベーション(約9分)

しかし、なんちゅう録音タイトルだろうか…

ちなみに、マータイさんとこのお話とは何の関係もありません。
メンドクサイが言いたかっただけです(汗)。

10 件のコメント:

  1. 廣田先生 初めまして。


    モチベーションを上げる方法は、特に、興味があったので、聞き入ってしまいました。
    私の期待していたものとは、大きく違いました。

    今までの私は、自分のためだけに頑張ろう、そう思っていました。
    だからモチベーションが続かなかったと感じました。


    誰かの為に頑張る、なぜ頑張りたいのか、をしっかりと考えてみます。


    すっごく、為になりました。
    いつも、為になる事を有難うございます。

    返信削除
  2. 秋元さま、コメントありがとうございます!

    >すっごく、為になりました。

    ありがとうございます!

    自分のために頑張る、というのは、導入時点ではかまわないと思うのです。

    ただ、成功した後、むなしく思う人生は、やはりそういうモチベーションの立て方から来るのではないかと思っています。

    大切な人間のために頑張る、これが一番だと思います!きれいごとではなく、実際に効果があるのだと思います!

    返信削除
  3. こんにちは 廣田先生


    モチベーションて、上げないといけないのか?って思っていた疑問が、スーッと消えました。


    やはりモチベーションって上げると、その反動で下がるし、下がれば持続できない自分に自己嫌悪してしまう。

    持続できる人が本当にできるのかな~?とかんじていたんです。


    自分のためではなく、「誰かのために」であれば納得です。

    家族や友達、商売人であればお客様のためにがんばれます!


    当たり前だと思いますが、対談シリーズは必ず、1本の線でつながっていますね。分かりやすく、勉強させてもらえています。


    ありがとうございまーす!!

    返信削除
  4. 廣田先生、こんにちは!
    更新をいつも楽しみにしております。

    今回のお話、想定外のお答えで大変勉強になりました。

    自分以外の誰かにベクトルが向くときに大きな力(成果)となるのですね。

    確かに、今までを振り返ってみても大切な方の為ならがんばれると思いから不思議です。
    何においても「人を大切に想う」ってことが原点なんですね。

    ありがとうございます!

    返信削除
  5. 直希さま、いつもありがとうございます!

    >モチベーションってあげないと

    その通りですね!
    自分のためだけにモチベーションを上げ続ける人もいるかもしれません。

    でも、私はそれは好きではありませんし、なりたいとも思いません。

    気にするべきは自分のモチベーションではなく、周りのモチベーションです。それがリーダーです。

    周りのモチベーションを上げる、それについてはガンガン行うべきだと思います。

    またその収録もしておきますね!

    返信削除
  6. 匿名様、ありがとうございます!

    >自分以外の誰かにベクトルが向くときに大きな力(成果)となるのですね。

    まさにその通りですね!

    私はいつも禁煙に失敗していますが、もしタバコを吸ったら私の大切な人に「バチ」があたる、と神様が言ったとしたら、今すぐ、永遠に完璧にタバコをやめるでしょう。

    そんな感じですね!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除
  7. 廣田先生、お疲れ様です。

    最初は聞いた時は実感出来なかったのですが、最近は意味がわかりました。

    自分の好きな女の子は劣等感が強く、自分に自身がありません。昔の僕みたいでした。

    ですから、劣等感を克服するためにいろいろ自分が踏んだステップを考えてどうやって説明したらいいか考えていました。

    結論を言うと自分が精神的にも経済的にも成長しないと提供することは出来ない。ということでした。

    ですから、やる気が出ないとかもう言ってられなくなりました。毎日、前に進むしかないじゃん!で副業もガンガン進んでおります。

    本当に船川さんはいい質問をしてくれますね!廣田先生もさすがです!

    いつもありがとうございます!

    返信削除
  8. 個人的に“モチベーション”とか“やる気”等といった言葉を聞く度に、「これってただの言い訳なんじゃないの?」なんていうことを漠然と感じ続けていました。

    それで今回の音声を聞かせていただいて、その感じ続けていたものが解れた感触を覚えて嬉しい気分になっております。

    ありがとうございました。

    返信削除
  9. nodahajimeさま、コメントありがとうございます!

    大好きな女性のためにこそ、どうぞ頑張ってください!

    その力こそが、何よりも一番強いもの。そう思います!

    それさえあれば、言い訳も、手抜きも、心が折れることもありません!

    あとは、nodahajimeさまのおっしゃる通り、前に進むだけです!

    返信削除
  10. 匿名様、コメントありがとうございます!

    ただの言い分け、その通りですね!
    本当に何かをやらなければならない場合、「モチベーションが上がらないんだよね」なんて言ってられません!

    ある気があるとかないとか、言える時点で贅沢(?)なことです!

    食べモノがないとき、獲物をとらなければ死んでしまう、そんな状態でやる気も何もあったものではありません!

    むしろ借金している人が成功する(先生も私も。仲間もそうです)のは、こういう理由なのだと思います!

    返信削除